5月7日(金)の『マツコ&有吉 かりそめ天国』では、VTR企画に同番組おなじみの大久保佳代子が登場。感情をも揺さぶる「エモいい道」を巡っていく。

今回はプロドライバー運転のもと、有識者が選んだ東京近郊の絶景穴場4か所を巡ることに。

あまり助手席には乗ることがないという大久保。早朝の集合でまぶたが重たいにもかかわらず、ハンドルさばきや車の“ギア”を見るや下ネタ全開に。

いきなり“フルスロットル”でロケがスタートする。

まず向かったのは、千葉県・鴨川市。光と水が織りなす幻想的な棚田をバックに、大久保はひとりなぜか熱唱する。

続いて向かったフラワーロードでは、色とりどりの花々が映える絶景にご満悦の様子。終始ハイテンションで、再び下ネタも交えながらロケを進行していく。

すると、チューリップの花言葉から恋を語りはじめた大久保。「恋なんて希望をもっちゃダメだと思う」と持論を展開しながら、過去の恋愛を回顧する場面も。

また工場夜景では、同番組の大久保出演ロケではすっかり恒例となった“お酒”を嗜みながら感慨にふける。

ところが、いつもより長時間のロケで疲労があらわれたのかアルコールのまわりが早くなり…。

さらに、関東では珍しい“砂丘”にも寄り道した大久保。

思わず今年一の笑いが出たというロケ、必見だ!