山里亮太(南海キャンディーズ)と、あざとい女子の二大巨頭・田中みな実&弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)が“あざとさ”について語り合うバラエティ『あざとくて何が悪いの?』。

5月29日(土)放送回には、特番時代から『あざとくて』をチェックし、今では毎週録画しているというV6の三宅健が満を持してゲスト出演。

登場早々に、田中を「田中プロ」、弘中を「弘中二段」と呼んでリスペクトしたかと思うと、畳み掛けるように弘中の髪型について“あざとコメント”を発し、田中&弘中を翻弄する。

しかも、三宅のポテンシャルは限界知らず!

今回も持ち前の“アメ”と“ムチ”を絶妙に織り交ぜながら、アイドルとしては禁断の持ち込み企画&魅惑のトークで番組を盛り上げる。

◆三宅健、V6の知られざるあざとメンバーを暴露!

今回は三宅が「僕だって守るところは守ってますよ」と言いつつも、不敵な笑みを浮かべながら持ち込んだ禁断企画を4連発でお届け!

なかでも注目は、「三宅健が見聞きしたあざとい女」の再現VTR。ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『恋する週末ホームステイ』で注目を集めた馬越零生が三宅を演じる。

これに、あざと女子に関する知識が豊富な手練MC陣も、鑑賞したそばから「盛りだくさんだな〜!」(山里)、「かゆいところに手が届く!三宅さん、最高です」(田中)と諸手を挙げて感銘を受ける。

はたして、トップアイドル・三宅もうなった“あざとテク”とは?

さらに、V6の最強あざとメンバー・三宅がここぞとばかりに「カメラが回っていないところで“あざと言動”を見せる、V6のあざとメンバー」も暴露!

そのメンバーとは…意外や意外、硬派なイメージの強い岡田准一と坂本昌行。

今回は2人の“知られざるあざとさ”を解禁すべく、ABEMAのオリジナル恋愛リアリティーショー『恋とオオカミには騙されない』で注目を集めたメンバーによる再現VTRを制作。

岡田を綱啓永が、坂本を井上想良が演じ、スタジオに「え〜!?」「あ〜!」の絶叫が響き渡る“トップアイドルの猛烈キュンキュンなあざとさ”を体現していく。

◆三宅健、田中みな実&弘中綾香の香りチェックを敢行!

もちろん、三宅のイヤらしさゼロの感性もさく裂。

なんと「番組を見ていて、田中プロと弘中二段はどんな香りを身にまとっているんだろうって思った」という三宅が、みずから視聴者代表を買って出て香りチェックを敢行する!

まさかの抜き打ちチェックに、田中でさえも「翻弄されています。すっごい汗かいてるんだから、今!」と動揺する。

しかも恐るべし…三宅はまだまだ止まらない!

収録終了時間だと告げられるや、三宅がすかさず“待った”をかけ、MC陣に“おねだり”をねじ込んだ。一体、三宅は何を“おねだり”したのか?

最後の最後までMC陣を翻弄する三宅の一挙手一投足に注目だ。