5月30日(日)放送の『関ジャム 完全燃SHOW』では、ボーカリスト・LiSAのスゴさを徹底的に掘り下げる。

アニメ『鬼滅の刃』のオープニングテーマで大ヒットした『紅蓮華』や、劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』の主題歌『炎』を歌い、歌のプロたちから絶賛されるLiSAが、『関ジャム』のスタジオトークに初登場する。

アニソン・シンガーのイメージも強いが、LiSAはそもそもバラードからノリノリの曲まで幅広く歌いこなす実力派シンガー。B’zの松本孝弘ら歌のプロたちからも絶賛される、卓越した表現力と歌唱力の持ち主なのだ。

そこで今回はLiSAを大特集! 大人気アニソン・シンガーのオーイシマサヨシと、コーラス/ボイストレーナーの今井マサキが、“プロの目から見たLiSAのスゴさ”を明かしつつ、LiSA本人にさまざまな疑問をぶつけていく。

今回明らかになるのは、LiSAの武器のひとつでもある“低音”をはじめ、「地声と裏声の使い分け」、「アニメ作品による歌い分け」、「ブレスコントロールや体づくり」の秘密。

さらに、『炎』のボーカルプランを書き込んだメモも公開し、本人みずから、全部地声で歌うバージョン&裏声を混ぜたバージョンを生披露! また『紅蓮華』もいろんな表情の歌声で歌い分ける。

『関ジャム』でしか見られない貴重な実演をふんだんに織り交ぜながら、LiSAの真髄に迫る、ぜいたくで濃厚な大特集となっている。