浜田雅功を司会に、芸能人の“常識力”を一般的な作法やマナーなどからチェックしていく『芸能界常識チェック!〜トリニクって何の肉!?〜』が、6月1日(火)に放送される。

チェックに挑むのは、インフルエンサーとしても活躍する旬な若手芸能人と、芸能界で長きにわたって苦楽を乗り越えてきた経験豊富なベテラン芸能人たちだ。

今回初登場となった常識チェックは「正しい食器の洗い方」。

浜田が「こんなん食器洗うだけでしょ!?」という通り、汚れた食器と調理器具を洗うだけのチェックだ。

しかし、キレイに洗えていることはもちろんのこと、効率的に洗えているか、水の無駄づかいをしていないか…といった環境に優しい洗い方も評価項目となる。

チェックを受けるのは、事前に内容を伝えずにお皿を洗うロケに挑んだタカ(タカアンドトシ)、みちょぱ(池田美優)、八乙女光、生見愛瑠、柏木由紀、横川尚隆、ダレノガレ明美の7人。芸能人の普段どおりの“皿の洗い方”から、環境に対してどれだけ意識しているかが明らかになる。

「お皿の洗い方は兄貴に教わりました」と汚れた食器を洗いはじめたのは八乙女。こまめに水を止めながら、油汚れはつけ置きするなど、しっかりと節水を意識した洗い方に、スタジオでは感心する声が!

一方、洗う前からとめどなく水を流しっぱなしでお皿を洗いはじめたのは柏木。

二人分の洗い物に対し、理想の水量は15リットル以内と設定されているが、柏木は100リットルを超える水を使用しながら洗い残しも目立っていて…。浜田から「やってること石油王やな」とツッコまれるほどだ。

その柏木に「いつまでそんなことを続けるつもりですか?」と諭すのは横川。「母親と二人暮らしなので、家では僕が家事をやっているんです」と自信タップリに皿洗いに挑むが…。

「家庭ではしょっちゅう洗い物をしています。めちゃくちゃキレイに洗えていますよ」と話すのはタカ。汚れたお皿を板についた様子で洗いはじめるが、皿と皿が激しくぶつかり合う音が鳴り響く。かなりガサツな洗い方だが、はたして判定は?

ほか、みちょぱ、生見、ダレノガレも普段どおりの皿洗いを披露する。