6月7日(月)放送の『10万円でできるかな』では、Kis-My-Ft2の横尾渉&玉森裕太が「実演販売」に初挑戦!

“実演販売のカリスマ”レジェンド松下の直接指導を受けた2人が、忖度ナシの手強い芸能人たちに商品をプレゼン。自腹で10万円分買ってくれるかどうかを検証する。

横尾&玉森の前に立ちはだかるのは、2チーム。

ドラマ『あのときキスしておけば』に出演中の三浦翔平と、和牛。そして、市川猿之助&ナイツだ。

横尾&玉森は「父の日に爆売れした超進化系便利グッズ」をはじめ、「最新お掃除グッズ」や「一般発売前の最新家電」など、普段から物にこだわる彼らが欲しくなるであろう至高の5品を用意し、さっそく実演販売を始めるのだが…。

目の肥えた芸能人たちは、ちょっとやそっとのセールストークではなびかない! いきなり怒涛の質問攻めに遭い、あわあわする事態に…。

逆風吹き荒れる実演販売。はたして、横尾&玉森は見事なプレゼンを披露し商品を自腹で買ってもらえるのか?

また、番組の人気企画「1000円ガチャ」には、ドラマ『桜の塔』で主演を務める玉木宏が初参戦!

小杉竜一(ブラックマヨネーズ)&北山宏光(Kis-My-Ft2)と、神奈川県にある番組初挑戦の1000円ガチャへと向かう。

彼らを待ち受けていたのは、赤・青・緑・黄…それぞれのカラーをまとった4台の1000円ガチャマシン。しかも、各台には当たり状況が表示されているため、どの台を選ぶかで堅実家か野心家かもあらわになるのだが…。

そんななか、『桜の塔』で野心家のキャリア警察官を演じている玉木が、いきなり大勝負に出る。しかも、クールそうに見えて意外や意外、玉木は一度選んだ台に対し、まるで取り憑かれたような執着心を発揮。

しかも、この玉木の執着心が、まれに見る地獄回をも招き寄せることに…! 1000円ガチャに溺れ、もはや引き返せなくなった玉木は一体、どんな地獄を見てしまうのか?