山里亮太(南海キャンディーズ)と、あざとい女子の二大巨頭・田中みな実&弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)が“あざとさ”について語り合うバラエティ『あざとくて何が悪いの?』。

6月12日(土)の放送回には、AAAのあざと2TOP・宇野実彩子&與真司郎が初登場。なんと今回、與は10年ぶりに演技も披露する。

番組内で流れる再現VTRで、元欅坂46の女優・織田奈那を相手に、スタジオの女性陣も猛烈絶賛する“あざと男子”を演じてくれた與。いざスタジオで鑑賞となるや「もう本当に恥ずかしくて!」と恐縮しまくり。

じつは與が演じた再現ドラマには、番組と宇野によるドッキリが仕掛けられていた。

その事実をスタジオではじめて知り、動揺が止まらない與。はたして、巧妙に仕掛けられたドッキリとは、どんな内容だったのか?

10年ぶりとは思えない與の名演技とあわせて必見だ!

◆“自覚なき”あざかわ女子・宇野実彩子の生態が明らかに

さらに今回は、宇野の生態にも肉薄することに!

Instagramなどの動画や写真が「あざとかわいい」とたびたび話題になる宇野。しかし番組の事前アンケートで、ある事実が発覚する。

というのも、宇野本人には“あざとい自覚”がほとんどなかったのだ。

そこで今回は宇野役に『Seventeen』専属モデル・坂井仁香、生見愛瑠役に『Popteen』レギュラーモデル・福田一華らを迎え、「宇野が後輩・めるるや気になる男性を前に繰り出したあざと言動」をまとめた再現VTRを制作。スタジオメンバーが、本当にあざといかどうかをジャッジしていく。

すると、やはり宇野は無意識ながらも相当あざといことが判明!

山里も「あざといよ!ヤバいよ!」と興奮する“宇野の無垢でバリエーション豊かなあざとさ”が次々と露見していく。