さまざまな分野に精通した講師を迎え、普段は教える立場の林修が生徒役になって、知らない世界を学ぶ『林修の今でしょ!講座』。

6月15日(火)の放送では、「今でしょ!対決!!医師が選ぶ“夏の最強肉”決定戦!!」と題して、前代未聞の肉界の頂上決戦がおこなわれる。

おうち時間が増えるなか、食の変化を求めて羊肉にハマる人が続出なのだそう。

クセになるおいしさはもちろんのこと、ヘルシーで健康、美容にもいいと言われる羊肉だが、なぜそんなに優れている肉なのか詳しくはあまり知られていない。

そこで今回、その大人気の羊肉と、日本の定番である三大肉、牛・豚・鶏を、栄養面や健康面で徹底比較して競うことに! とくに夏に悩みがちな5つのテーマにわけて、それぞれの1位の肉を決定。最後に、総合的に強の肉が決定する。

知られざるすごい肉パワーが明らかになっていき、見ればすぐにその最強肉を食べたくなること必至だ。

◆牛を徹底的に応援する和牛・水田信二に、圧倒的豚派と公言する7 MEN 侍・本髙克樹!

この熱い戦いの行方を見守るのは、林のほか、伊沢拓司、原田葵(櫻坂46)、水田信二(和牛)、本髙克樹(7 MEN 侍)ら学友たち。そして、日直は川西賢志郎(和牛)が務める。

川西は「このテーマだからこそ、我々が呼ばれたんじゃないかと。僕と水田くんはやっぱり牛を応援したいですよね」といい、本髙は「僕は圧倒的に豚派ですね! 大学の周りにラーメン屋さんが多いんですけど、絶対チャーシューを頼みます。チャーシューで豚をほぼ毎日摂取しています」と豚押しを公言。

また、原田は「私は鶏肉が好きですね。ぷりぷりしているので、唐揚げとか大好きです」といい、それぞれ好みがわかれ、スタートから応援する側も戦いの姿勢を見せる熱い空気に!

しかし、5つのテーマでレースがおこなわれるにつれ、ある肉の最強ぶりが明らかになっていき、最後には全員がその肉に心が傾いてしまうことに。その最強肉とは一体?

競うのは、暑くなってくる夏に悩みがちな5つのテーマ。その1つは、薄着になり、体型が気になる時期にうれしい、「太りにくい肉」!

そんな肉が存在するなんて…と驚きだが、1位に輝く肉には、脂肪を燃焼させるある成分が他の肉よりダントツに多く含まれていて、最下位の肉と比べるとその量はなんと約28倍なのだそう。

また、紫外線量が多くなって日焼けや肌のシミが気になってくる夏に知りたい、「肌のトラブル対策」のテーマでも対決!

林、そして原田もコラーゲンが多く含まれているという理由で鶏肉を予想するが、意外なある肉1位に。その肉に含まれる成分が、紫外線から肌を守ってくれるだけでなく、日焼けなどで傷ついた肌を修復してくれる働きもあるのだとか!

そのほかにも「夏かぜ対策」「夏バテ・疲労回復」「熱中症対策」のテーマでそれぞれ戦っていき、肉の驚きのパワーが続々と明らかに。

さらに、大人気の羊肉のなかでも人気の高い料理や、ジンギスカンやラムチョップを自宅でも専門店のようにおいしく食べられる方法を超人気店が特別に伝授。そして世界羊料理紀行と題して、モンゴルやフランス、中国など、世界で食べられている羊料理も紹介する。