7月20日(木)の『徹子の部屋』は、日本映画界の伝説的存在・女優の岸惠子を迎え「銀幕のスター特集」の4日目を放送する。

©テレビ朝日

今から60年前、まだ個人の海外旅行が禁じられていた1957年、単身パリに発ちフランス人監督イヴ・シァンピ氏と結婚をした岸。それは、彼女が24歳の春に名作『雪国』を撮り終えた“2日後”のことだった。

その出来事は日本中を驚かせたが、この日の放送ではその記念すべき作品『雪国』の一部を紹介しながら、当時の心境を明かす。

©テレビ朝日

そんな岸は、今でも横浜とパリに自宅を持ち、行き来を続けている。つい最近もフランスから帰ったばかりだという岸が、特別にパリの自宅を披露! 台所に置かれたメルヘンチックなテーブルや、19歳から所蔵する着物の内掛けなど、岸流の「遊び心」が満載だ。

さらに、デビュー以来、雑誌のグラビアを飾り続けた岸。ある出版社の写真部に60年以上眠っていた膨大な資料の中から貴重な秘蔵写真も公開する。