7月21日(金)に放送する『徹子の部屋』は、「美人の代名詞」として今も輝く女優の山本富士子を迎え、“銀幕のスター特集”最終日をお送りする。

©テレビ朝日

名だたる代表作品の中で山本が忘れられないのは、小津安二郎監督の初カラー作品『彼岸花』だそう。憧れの小津映画への出演が叶い、見事にブルーリボン賞主演女優賞を獲得した作品を紹介する。

さらに、銀幕のスター特集にちなみ、その『彼岸花』で着用した衣装をスタジオに持参! 小津監督から出演の記念に贈られたという着物の美しさに黒柳の口から溜息がこぼれる場面も。

©テレビ朝日

また、昨年、56年間住み慣れた一軒家からマンションに引っ越しをしたという山本。快適な新居での暮らしぶりとともに、自身の「美」や「若さ」を支える秘密を明かす。