山里亮太(南海キャンディーズ)と、あざとい女子の二大巨頭・田中みな実&弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)が“あざとさ”について語り合うバラエティ『あざとくて何が悪いの?』。

7月3日(土)放送回には、弘中アナも「本当はどういった方なのか、まったく掴めない」という、多才すぎるカメレオン俳優・磯村勇斗が初登場!

“あざとさ”についても未知数の磯村と共に、「6種類のあざとい女たち」の再現VTRを見ていくのだが…なんとそのなかで、磯村が実際に出会った“あざと女子”2人を禁断の完全再現!

ところが、この“あざと女子”のうちの1人「やたらと〇〇を見る女性」が、スタジオで物議をかもすことに!

VTRを見た田中がなぜか激怒! はたしてそのワケとは?

じつは磯村自身も内心モヤモヤした思いを抱えていたという“問題のあざとさ”、そして“やたらと見てきた〇〇”とは一体? MC陣が爆笑した“磯村のリアルな心境”共々、注目だ!

さらに、今回は磯村が「これは上手いわ!素晴らしい!もっと好きになっちゃう」とニンマリし、あの田中すらも「こういう子には太刀打ちできないなって思っちゃいます」と白旗を上げる事態が!

なんと再現VTRに、スタジオメンバーが満場一致で絶賛する“超ハイレベルなあざと女子”が登場! 番組史上最強ともいえる“超絶あざとテクニック”を連発する。