古都・京都を舞台にサイバー捜査スペシャリスト・安洛一誠(佐々木蔵之介)たちが難事件を解決する姿を描く新ミステリー『IP〜サイバー捜査班』。

本日7月8日(木)に放送される第2話では、京都の中でもひときわ風情を感じられる街・祇園で、古都のイメージとはかけ離れた「サイバー犯罪」が発生!

ゲストの川島海荷が芸妓役に初挑戦し、置屋の女将を演じる国生さゆりとともに「花街に生きる女性」を熱演する。

第2話でもまた、京情緒あふれる祇園の街並みをバックに「不正アクセス」「遠隔操作」「標的型メール攻撃」など、誰の身に起きても不思議ではないサイバー犯罪の脅威をにじませたストーリーが展開。

人気芸妓・舞菊(川島海荷)のお座敷写真が流出するという事態が起き、安洛に命じられ捜査をはじめた古宮山絆(福原遥)と多和田昭平(間宮祥太朗)は祇園で捜査を開始。

舞菊のスマホに不正アクセスがなかったか調べようとするものの、置屋の女将・宮原涼花(国生さゆり)から拒否されてしまう。

そんななか、安洛は画像を盗んで拡散した“ネットストーカー”を突き止めることに成功。ところが、その男が何者かに刺殺されていたことから、事件が急展開することに…。

捜査を進めた安洛たちは、花街に渦巻く女たちの愛憎、そして事件の背後に隠された切なくも悲しい真実にたどり着く。

◆川島海荷&国生さゆりが花街に生きる女性を熱演!

今回、初の芸妓役に挑んだ川島は、瑠璃色や水色の“お引きずり”とよばれる着物を身につけ、美しい舞にも挑戦。

一方、置屋の女将を演じる国生はシックで粋な和服姿を披露。川島演じる舞菊を厳しくも温かい眼差しで見守る涼花を、凛とした演技で表現している。

京都の風情×最先端の犯罪捜査が絶妙に絡み合う『IP〜サイバー捜査班』第2話。メインゲスト2人のたおやかな佇まいも必見だ!