7月9日(金)放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』に、天海祐希がまさかの登場!

ずん・飯尾和樹とともに、オススメの“500円以下”と“1000円以下”の「過去イチグルメ」を紹介するロケに参戦する。

お馴染みの登場ネタの声が聞こえはじめ、飯尾がVTRに登場するのを待つスタジオだったが、なんとそこに現れたのは天海! さすがのマツコ&有吉も「ちょっと!やめてよ!」「こういうパターンあったか!」と斬新なオープニングに驚く。

そんな天海とは親友だというマツコ。今回の登場は寝耳に水だったようで、「全然言わなかったわよ!」とさらに驚きの様子。

また、じつは天海と飯尾がプライベートでも仲良しということも初耳だったマツコ&有吉。そんな天海と飯尾がロケへ向かうと、2人の知られざる姿が明らかになる。

まずは“アンダー500円”の過去イチグルメからプレゼン。

天海は東京・大田区にあるパティスリーのカステラが絶品だと紹介する。

ナレーションが一切つかない今回のコーナーだが、天海はこのカステラの魅力や風味を完璧に食リポ。マツコ&有吉も思わず絶賛する技量を見せる。

さらに、飯尾の家庭での一面にも触れる天海。ここで、飯尾と妻の驚きの関係性が明らかになる!

◆ずん・やすの“甘噛み”に一同大爆笑!

一方の飯尾も、両親との思い出の味だという1000円以下のソウルフード、カツカレーを紹介。

ここでも自由にボケる飯尾に代わって、天海が巧みに食リポを進める。

すると、近年役者としての仕事も増加している飯尾が、天海にセリフ入れについての質問。

天海がセリフ入れに対するこだわりを明かすと、それを聞いた飯尾は関根勤も絶賛したという知られざる“特技”を紹介する。

さらに天海は、ドラマの長回しについての苦悩も吐露。

これを受けて飯尾は、相方・やすが見せた驚きの“甘噛み”を紹介する。

一同も爆笑したその内容とは?