7月19日(月)の『10万円でできるかな』では、新企画が放送される。

その企画とは、駄菓子ブーム再来のいま、注目を集めること必至の「駄菓子旅」。

実はネットでは、当たりが出るともう1個もらえる“くじ付き駄菓子”の「当たりの法則」が都市伝説のごとく囁かれており、この法則たちが本当かどうかを検証すべく、千賀健永(Kis-My-Ft2)と斎藤工、ぺこぱが東京下町の駄菓子屋さんを巡ることに。

当たりを引けなかったら番組特製「ビリビリガチャ」を回し、ビリビリグッズを体験しなければならない…という無情な罰ゲームも待ち受けるなか、体を張って検証していく。

◆検証の末に…歴史的事態も発生!駄菓子界に激震!?

今回、斎藤工はどういうわけか怪しげな風貌でロケに参加し、これまた怪しげな駄菓子の都市伝説検証に挑戦。

実は駄菓子が好きらしく、千賀&ぺこぱと一緒に大はしゃぎ。駄菓子を使ったオチャメ行動も繰り出し、笑わせにかかる。

そんななか、斎藤が「自分で作ったこともある」という歴史ある“くじ付き駄菓子”をはじめ、「爽やかで甘酸っぱさが魅力の商品」、「ロングセラーのフーセンガム」にまつわる当たりの法則を検証していく4人…。

この企画、第1回目から“ただの検証”では終わらなかった!

なんと4人が自ら新法則も発見することに! 駄菓子界を揺るがす歴史的瞬間、見逃せない。

ちなみに今回は、斎藤が「闇深い芸能界で、なんでこんな人が誕生するんだろう!?」とドキドキした女優の名前を告白。

さらにスタジオでは、キスマイがジャニーズの都市伝説を紹介。東山紀之の“ウソみたいにストイックすぎる都市伝説”、ジャニー喜多川氏の“唯一無二すぎる才能に関する都市伝説”に、サンドも興味津々だ。