8月9日(月)の『徹子の部屋』に、吉行和子が登場する。

“8月9日”は、ゲストの吉行と黒柳徹子の誕生日。

2人が幼かった頃の写真を紹介しながら、互いの誕生秘話を明かす。和子という命名には、父の放蕩生活を案じる祖母の思いが込められているのだとか。

スタジオにはこの日にちなむ花が飾られる。2人の女優に共通するその「花言葉」とは?

また、吉行は女優の冨士眞奈美と親友同士であるが、2人のタイプはまったくの正反対!

VTRで紹介する冨士の自宅は思い出の品々であふれるが、一方の吉行は包丁すらもっていない究極のシンプルライフを実践。

包丁がないため、コンビニの惣菜で食事を済ませる日々を送ると語る。

朝ドラ『あぐり』のモデルにもなった母のあぐりさんは、107歳の長寿をまっとう。

97歳まで美容師として活躍した“女傑”だった。

その母と吉行が旅館で一夜を過ごした様子を映像で紹介するが、母娘の突拍子もない会話に黒柳は思わず大笑いしてしまう。