9月9日(木)の『徹子の部屋』に、石井ふく子さんが登場。

今年4月4日に急性リンパ腫のため95歳で亡くなった橋田壽賀子さんとの思い出をテレビで初めて語る。

橋田さんと60年来の盟友である石井さん。60年前、ドラマのプロデューサーと脚本家として出会った当時、2人は30代だった。

お互いに「家族」を描きたいという同じ思いを持ち、数々のドラマを作ってきた2人は、年中大喧嘩をしていたという。

原稿を書くのが早い橋田さんが、あるとき全く原稿が書けなくなった。その理由は、「恋煩い」。

相手は石井さんの同僚だったので、“原稿のため”ひと肌脱ぐことになった石井さん。とんとん拍子に話は進み、橋田さんは結婚した。

その後も夫婦喧嘩の仲裁をしたり、橋田さんのご主人が亡くなったときは石井さんが傍で支えたそう。

橋田さんは亡くなる前、電話で石井さんに「あんたは私の“妹”」と言った。

60年で「家族のような存在」になっていたと語る石井さん。橋田さんの懐かしいVTRとともに、亡き盟友を偲ぶ。