浜田雅功を司会に、芸能人の“常識力”を一般的な作法やマナーなどからチェックしていく『芸能界常識チェック!〜トリニクって何の肉!?〜』。

9月14日(火)の放送では、一般常識から芸能人として生きていくための「芸能界の常識」、さらには一発勝負で芸能人としての力が試される「チャレンジ・ザ・ファーストテイク」など、さまざまなジャンルのチェックが出題される。

最初の常識チェックは「芸能人GREAT TASTE」。これまでに絶対に食べたことのあるものを目隠しをした状態で試食し、何を食べたかを当てるというチェックで芸能人の味覚を試していく。

「果物」チェックでは、菊池桃子、紫吹淳、千原ジュニア、霜降り明星(せいや・粗品)、渋谷凪咲(NMB48)が3人ずつ2組にわかれてチェックを受け、3人の回答が揃わなかった時点でチャレンジ失敗となる。

果物は馴染みのある定番フルーツから選ばれる。菊池は「果物は大好きなのでいけます!」、粗品も「定番の果物なんて10個くらいでしょ? 大丈夫です!」と楽観的なムードだ。

しかし、いざチェックがはじまると「これなんやったっけー!」とせいやが唸るなど解答に悩む。

続いて「握り寿司」チェックでは、梅沢富美男、陣内智則、村上佳菜子、中間淳太(ジャニーズWEST)、加藤諒、元木湧(少年忍者/ジャニーズJr.)が2組にわかれて挑む。

自信タップリにこたえていく中間、元木ら“若手メンバー”に対して、寿司の味覚に絶対の自信を誇っていた梅沢がいじける展開も。

◆一発勝負!「口笛でホーホケキョ」に波乱の展開

芸能人たちが一発勝負でさまざまな力を試す「チャレンジ・ザ・ファーストテイク」では、梅沢、ジュニア、陣内、中間、元木、粗品、せいやが「口笛でホーホケキョ」に挑戦する。

鶯の鳴き声“ホーホケキョッ”を口笛で奏でられたらクリア。陣内が「緊張感との戦いですね…」というとおり一発勝負がプレッシャーとなる。

ジュニアは「久しく口笛を吹いてないですよ!」と自信なさげだ。加藤も「音楽系の学校に通ってはいましたが、口笛はどうだろう」と慎重に挑むのだが…。

波乱の展開が巻き起こるなか、口笛のうまい下手にもハッキリと答えが出される。

さらに「チャレンジ・ザ・ファーストテイク 泣くお芝居」では、梅沢、菊池、紫吹、加藤、せいやが挑戦。

設定は大切な人の生命に関わる知らせを聞き、病院に駆け込んだ瞬間に“今、ご臨終されました”と告げられた後に涙を流す生放送ドラマ。制限時間1分以内に涙を流せればクリアとなる。

役者は自由自在に涙を流せるのか注目が集まるなか、梅沢、菊池、紫吹、加藤は一様に自信があるよう。

ドラマや舞台への出演経験があるせいやも「舞台で泣くお芝居があったんです。そのときのスイッチが入ればイケルと思います」と役者モードに。

はたして、スタジオを感動に包み込んだ圧巻の芝居を見せたのは? そして、スタジオから「これ放送事故じゃない?」と言われてしまう醜態をさらけだしてしまったのは?