10月3日(日)放送の『新婚さんいらっしゃい!』に、ともに和太鼓奏者という福岡の夫婦が登場。

持参した大きな和太鼓で迫力満点のパフォーマンスを披露し、桂文枝と山瀬まみの喝采を浴びる。

2人の出会いは22年前、妻が22歳のときに見に行った地元の神社の和太鼓チームの練習だった。

そこで叩いていた夫が「めちゃくちゃカッコよくて」妻も太鼓の練習を開始。

以降、別々のチームで活動していたが15年後、久しぶりに夫の太鼓を見る機会があった。

妻が「初めて会ったときよりカッコよくなってて」とときめけば、夫も妻の音楽センスや迫力に「えらい成長したな」。

お互いの気持ちを確認し交際がはじまるも、夫は和太鼓以上に激しい妻の“野獣キス”をやめてほしいという。

ドリルのようなキスは「熱いものがこみ上げてきてパワーがもらえる」と妻。たまにソフトなキスをすると夫も…。

夫が妻になおして欲しいのは「ずっと怒られること」。だが妻いわく、朝のドリルキスの後は30秒に10回はイラっとさせるそうで、普段通りのノンストップの怒号を再現してみせた。

夫は「愛してくれてるからこそ、いろいろ言ってくれる」とニコニコしているが、妻の本心は…。