7月27日(木)、木曜ドラマ『黒革の手帖』の第2話が放送された。

©テレビ朝日

第1話では主人公・原口元子(武井咲)の鮮やかな変貌ぶりが描かれたが、第2話ではさらにもう一人の“悪女”が目を覚ます。

キーマンとなった仲里依紗扮する「山田波子」のファッションとともに、第2話を振り返っていこう。

東林銀行から横領した1億8千万円と借名口座のリストを記した“黒革の手帖”を元に、銀座にクラブ「カルネ」をオープンさせた原口元子(武井咲)。

元子はある日、銀座の街で元同僚の山田波子(仲里依紗)と再会し、「なにかあったら電話して」と名刺を渡すのだった。

 

◆表情、発言、服装…すべてが変わっていく波子

元子の誘いでホステスとして働き始めた波子は、楢林クリニック院長の楢林謙治(奥田瑛二)に見初められ、“初々しさ”を売りに一気に人気ホステスへとのし上がる。

©テレビ朝日

心強い“後ろ盾”を手に入れた波子は、みるみるうちに垢抜けた雰囲気へと変わっていく。

フレッシュさを感じさせる、赤を基調としたトライバル風のノースリーブミニワンピで登場したシーンでは、同僚ホステスとの喧嘩が勃発! 取っ組み合いの末、ボヤ騒ぎにまで発展してしまう。

©テレビ朝日

恩人でもある元子に対しても「自分らしいやり方を見つけろって言ったのあんたでしょ」と暴言を吐き、その攻撃的な目つきはすでに“悪女”の風格だ。

 

◆“余裕”の肩出しコーデ

さらに「銀座の掟」を知らない波子は、とんでもない問題を起こす。なんと、元子の店・クラブ「カルネ」の上層階に自分の店をオープンさせると言い出したのだ。

まさに犬猿の仲になってしまった2人は、ある日エレベーターで鉢合わせに…。

©テレビ朝日

より一層、派手さが増す波子は、エキゾチックな柄のオールインワンで大胆に肩出し! そんなスタイルからも、“余裕ぶり”が感じられる。

しかし、波子のあまりに掟破りな行動に対し、元子は“ある一手”を打っていたのだった。

 

◆大激怒! カルネへ乗り込む波子

©テレビ朝日

まんまと元子に5000万円を搾取された楢林は、「文句があるならカルネのママに言え!」と言い残して波子のもとを去ってしまう。

©テレビ朝日

元子のせいで自分の店を持つことが叶わなくなった波子はクラブ「カルネ」へ…。ものすごい剣幕で元子に詰め寄り、鬼気迫る“女のバトル”が繰り広げられるのだった。

第3話では東林銀行の元次長・村井亨(滝藤賢一)が「カルネ」へやってくる。元子を逆恨みする村井の取った行動とは? そして、次の標的となるのは一体誰なのか…?

次から次へと登場する“悪者”たちから目が離せない!