10月7日(木)の『徹子の部屋』に、渡辺えりが登場する。

女優・演出家として知られる渡辺だが、歌手としての活動も昔からおこなっている。

もともと小学生のころ、沢田研二に憧れたのが音楽との最初の出会い。

そして、高校時代はフォークソングに目覚め、“終着駅”というグループを組み、県大会で優勝もしたのだとか。

また親友と2人で“やぎ座”というデュオも結成していたそうで、当時の貴重な音源を披露する。

その後も親友との付き合いは続き、彼女も上京して舞台照明などの仕事をしていたが、9年前にがんで他界してしまった。

そして親友が亡くなった直後のライブでは、彼女の娘とやぎ座時代の曲をデュエットして追悼したことも語る。