テレビ朝日公式YouTubeにて配信中の『ノブコブ吉村のあの話、聞かせ亭』。

MCを務める平成ノブシコブシの吉村崇が、YouTubeで何度も再生された人気のテッパンメニューでゲストをおもてなし。登場するゲストから何度聞いてもおもしろいテッパン話を引き出しつつ爆笑トークを展開する。

現在配信中の1回目は吉村の大先輩でもあるお笑いコンビ・笑い飯(西田幸治・哲夫)、2回目は芸能界きっての野球女子としておなじみの稲村亜美がゲストで登場。

笑い飯・西田は妻にプロポーズしたときのエピソードを、稲村は写真集を撮影したときの“魚ブラ”にまつわるテッパン話を披露した。

さらに第3回には、K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者の武尊が登場。

中学時代に約10人の女子と付き合っていたという驚きのエピソードとともに、なんと“K-1王者が土下座”したという衝撃のテッパン話を告白。

さらに本気で好きになった女性に何度も告白、その度にフラレていたそうだが、ついにはOKをもらったちょっといいテッパン話も。そして高校時代に自費でタイへ行き、キックボクシング修業に打ち込んだ日々を語っている。

◆中村仁美が大暴走!? 局アナ時代のエピソード披露

そして10月7日(木)より配信中の4回目ゲストは、さまぁ〜ずの大竹一樹の妻でもあるフリーアナウンサー・中村仁美。

吉村にとってはバラエティ番組のイメージが強いという中村だが、フジテレビ入社1〜2年目は報道番組を担当していたという。

その報道番組を担当していた若手時代、さまぁ〜ずとも共演した深夜のバラエティ番組で「お尻を出した」こともあったとか。一体どんな番組だったのか?

当時のアナウンス室でも問題になったという “体を張った”エピソードを公開!

さらに夫・大竹にまつわるテッパン話が続々登場。「芸人たるものスベってはいけない」と家中の物に滑り止めを貼り付けたり、「家でのギャグがおもしろくない」と吉村が驚く暴露話も!

夫のギャグへの返し方がわからないという中村に、吉村も思わずアドバイス!?

そんな中村を「鬼嫁では?」という吉村を中村は全否定! 大竹とのエピソードとともに「中村=鬼嫁説」を否定していくのだが、はたして吉村の判定は?

「こんなに楽しい時間なかったです」と饒舌にしゃべりまくる中村に、さすがの吉村もヘトヘトに。ついには「帰ってください」という禁断のセリフまで飛び出す神回となった。

◆インディアンス田渕の盛りすぎテッパン話

10月14日(木)から配信の第5回のゲストは若手お笑いコンビのインディアンス(田渕章裕・きむ)。

吉村にとってはかわいい後輩芸人だが、ボケ担当の田渕が大いに話を盛り、吉村も大混乱! しまいには「話が盛っているかジャッジしよう」とするのだが、田渕の勢いはとどまることを知らず…。