10月8日(金)放送の『ザワつく!金曜日』では、目前に迫った『ザワつく!金曜日コンサート』での演奏に向け、長嶋一茂・石原良純・高橋茂雄(サバンナ)の楽器練習の様子を高嶋ちさ子が抜き打ちでチェックする。

ザワつくメンバーがコンサートで演奏するのが『ボレロ』の一節。

一茂がチェロ、良純がトロンボーン、高橋がサックスを担当する。はたして3人はどこまで上達しているのか?

練習中の彼らをちさ子が突撃すると、“問題児”がいることが判明する。

また、ちさ子が家族で楽しんでいるアニメについてその魅力を熱弁。

学生が主人公の話ということで、ザワつくメンバーも自身の学園生活のことを話すうちに一茂が野球を、ちさ子がバイオリンをはじめたきっかけに共通点があることが発覚する。

 

愛知県の県庁所在地・名古屋から100キロほどのところにある豊根村は人口およそ1000人。県の市町村でもっとも人口が少ない。

そんな村のさらに山奥にポツンと一軒のパン屋がある。

交通の便が悪くたどり着くのも一苦労だが、本格的なドイツパンを売るこの店には朝8時半の開店から客が途切れずわずか3時間で約250種類のパンが完売する。

70代の夫婦が20年ほど前に開いたこの店には、夫婦の第2の人生に関わる物語があったと教えられたザワつくトリオ。「早期退職」「田舎暮らし」などをキーワードに自身の夫婦にまつわる出来事の数々を明かす。