京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコ(沢口靖子)を中心としたひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医・物理・化学・文書鑑定などの専門技術を武器に事件の真相解明に挑む姿を描く『科捜研の女』。

同ドラマが、初の試みとして少女漫画化されることになった!

描かれるのは、10月14日(木)にスタートする『Season21』第1話をベースにデフォルメした物語。

本編は、マリコに東京への異動話が浮上するところから始まる。究極の選択に思い悩むマリコの心情、そしてそれを複雑な思いで見つめる土門の様子が繊細なタッチで丁寧に綴られていく。

第1話の見どころをさらいつつ科捜研メンバーの分かりやすい紹介も入っており、番組の「入門書」として読むのもオススメだ。

◆恋愛要素120%増し!?

少女漫画版は、マリコの同僚・涌田亜美(山本ひかる)の視点で展開。

いつもと様子の違うマリコを心配していると、東京への異動話が持ち上がっていると知り、仕事仲間の橋口呂太(渡部秀)や蒲原勇樹刑事(石井一彰)を巻き込んで騒然となる。

蒲原は土門薫刑事(内藤剛志)のもとに駆けつけ、マリコの件をこのまま黙っているのか思わず問い詰めてしまうが…。

その後、思案顔のマリコのもとに土門が現われると、続いてマリコの元夫・倉橋拓也(渡辺いっけい)も登場。マリコ自身だけでなく、彼女をめぐって土門と倉橋のそれぞれの思いが交差する“恋愛要素120%増し”の物語が繰り広げられる。

◆吉住渉が『科捜研の女』に新たな命を吹き込む!

第1話の物語のエッセンスを大事にしつつ、実写版とはひと味もふた味も違う展開を見せる少女漫画版。

今回『科捜研の女』に新たな命を吹き込んだのは、大人気少女漫画家の吉住渉だ。

『ママレード・ボーイ』を始め、『ハンサムな彼女』、『ウルトラマニアック』など数多くのヒット作を生み出した同氏は、現在執筆中の『キャラメル シナモン ポップコーン』でも大きな話題を集めている。

幅広いファンから支持される吉住が『科捜研の女』をどのように少女漫画の世界にアレンジしているのか? マリコや土門をはじめ、本作のキャラクターたちがどんなタッチで描かれているのか?

見逃せない少女漫画版『科捜研の女』は、番組公式Twitterで楽しむことができる。