10月15日(金)、『ミュージックステーション35周年記念4時間スペシャル』が放送される。

その全出演アーティストをついに解禁、そしてパフォーマンス楽曲も発表!

今回新たに発表になったのは、Elopers(椎名林檎らによる遊びのバンド)、King Gnu、郷ひろみ、米米CLUB、PUFFY、B.B.クィーンズ、松田聖子、May J.ら8組。

2021年デビュー41年目を迎えた松田聖子は、名曲『瞳はダイアモンド』を38年の時を経てセルフカバー!

体験型アートが楽しめる豊洲の新世代ミュージアム「チームラボプラネッツ」の13,000株を超えるランの花に囲まれた「Garden Area」という煌びやかなステージで、Mステオリジナルアレンジver.のスペシャルコラボパフォーマンスを披露する。

椎名林檎は、Mステだけのオリジナルパフォーマンスが決定!

今回の放送のために椎名がメンバーを厳選し、女性だけの新バンド・Elopersを結成。

アイナ・ジ・エンド(BiSH)、ユウ(チリヌルヲワカ)、関根史織(Base Ball Bear)、ほな・いこか(ゲスの極み乙女。)という豪華なメンバーによるパフォーマンスは必見だ!

また宮本浩次は、10月20日(水)よりスタートする『宮本浩次 TOUR 2021〜2022 日本全国縦横無尽』のバンドメンバーでの出演を発表!

アルバム『縦横無尽』のプロデューサーでもある小林武史(Key)をはじめ、レコーディングにも参加した名越由貴夫(Gt)、キタダマキ(Ba)、玉田豊夢(Dr)という豪華メンバーでスペシャルパフォーマンス。

さらに、名曲『春なのに』のカバーも含めたスペシャルメドレーをテレビ初披露する。

郷ひろみは“生投票企画”「ひろみ5択」を実施!

Mステ35周年にふさわしい新企画として、候補となる5曲のうち、生放送中に視聴者から選ばれた名曲3曲をメドレーで披露。候補曲には、往年の名曲から定番のヒット曲までが勢揃いする。

そしてLiSAは、YOASOBIのコンポーザーとしても活躍するAyaseが作曲を手掛けた最新曲『往け』を披露。

映画『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』の主題歌としても話題の同曲。当日はアニメ『ソードアート・オンライン(SAO)』の映像をバックに、Mステでしか見れないコラボレーションパフォーマンスで最新曲を歌い上げる。

◆Mステ35周年スペシャル企画「神曲メドレー」

Mステで、これまで35年間にパフォーマンスされた曲数は…8300曲以上!

その中から視聴者37,000人が厳選した名曲の中の名曲、神曲70曲が集結。

35年間を7つの期に分け、それぞれNo.1を発表する神曲ランキング企画も実施!

ランクインした楽曲の中から生パフォーマンス企画として、ダブルミリオンを達成した『君がいるだけで』(米米CLUB)、ディズニー映画『アナと雪の女王』主題歌『レット・イット・ゴー〜ありのままで〜』(May J.)、90年に大流行したアニメソング『おどるポンポコリン』(B.B.クィーンズ)、井上陽水作詞・奥田民生作曲のデビュー曲『アジアの純真』(PUFFY)という、Mステだから見ることができる「神曲メドレー」が実現する。