10月8日(金)深夜に放送されたテレビ朝日のビューティバラエティ番組『BeauTV 〜VOCE』は、「簡単実用テクで理想の自分を目指す!プロ技を私に最適化」をテーマにお届け。

「ヘアカラーとツヤ髪をキレイに保つブローテクニック」が紹介されました。

教えてくれたのは、ビューティプロデューサー・美香さん。女優や美容のプロにも信頼されるヘアサロンをプロデュースし、毛髪診断士の資格をもつ髪のスペシャリストです。

そんな彼女が今回は、ヘアカラーのお悩みを解決!

カラーリングしてから時間が経つと、どうしても色あせが気になりますよね。「髪に水分が入っていかないと、キレイな色が保てないんですよ」と美香さん。

そこで、ヘアカラーとツヤ髪をキレイに保つブローテクニックをレッスン!

まず、髪の乾かし方から。 美香さんは「髪の毛を洗って、“しっかり絞る”っていうところがワンステップ。摩擦が一番、髪の毛は弱いんですよ!」と説明します。

濡れた髪をタオルで強くこするのはNG!

手で絞って水分がとれたら、タオルを軽くふわっとあてて、頭皮の水分を優しく拭きとりましょう。

タオルをターバンのようにして、髪をひとまとめにします。

タオルターバンをしたまま10分ほど待つのが、ブロー時間を短くするポイントです。

タオルを外したら、コームでとかして。

コームで髪のもつれなどを取ったら、ブローする前にヘアローションをつけましょう。

毛量が多い人は、乾かす時間を短縮してくれるようなローションを選んでみて。

髪全体にローションを馴染ませたら、ドライヤーで乾かします。

上から下に向かってドライヤーの温風をあてましょう。

手ぐしで髪にテンションをかけながらブローするのもポイントです。

温風で乾かしたら、冷風にチェンジ。どんなヘアカラーも、冷風でキューティクルを引き締めれば退色しにくくなるそう。

ここからは、ドライヤーでモードな雰囲気に仕上げるワンテクニックをご紹介。

髪全体をしっかり乾かしたら、外ハネで仕上げて。毛先を逃がすように外に向けて引っ張りながらブローしていきましょう。

かっこよく仕上げるには、トップにボリュームをもたせます。

トップの毛束をかき上げて、髪の根元を温めたら。

冷風に切り替えて、冷えるまでキープしましょう。

最後の仕上げで、前髪をシースルーに仕上げていきます。

ジェルタイプのワックスを指先になじませて。少しずつ前髪につけて、ウェット感を出しましょう。

片方の毛束を耳にかけて、耳上にも少しジェルを馴染ませたら。

ヘアカラーとツヤ髪をキレイに保つ、ブローテクニックでつくるモードヘアアレンジの完成です!

番組MCの河北麻友子さんも、「このテクニックだけでツヤが出て、ヘルシーな髪の毛に変わって、ヘアカラーまでもキレイに整った気がしました!」と勉強になった様子でした。