ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

配信中の最新エピソードは、第2回「THE HARAHARA FOUR」。

ももクロ4人で協力しながらさまざまなゲームのクリアを目指す企画で、すべて成功するとパーフェクト賞として「ハワイ旅行」が贈られる。メンバーもやる気じゅうぶんだ。

◆サトシと一緒にハワイに行きたいももクロ

パーフェクト賞を逃しても、200P(ポイント)獲得で「熱海旅行」、150Pで「叙々苑」が贈られる。

また、100P獲得すると“差し入れ番長”こと浅野崇プロデューサーからの「差し入れ詰め合わせ」が。50Pでベビースターラーメン10個セットが賞品となる。

玉井詩織が「ハワイと熱海はサトシも(一緒に)行けるんだよね」と言うと、東京03・飯塚悟志は「正直僕は叙々苑くらいがちょうどいい…(笑)。皆さんとハワイ、げんなりしそう」と嫌がってみせる。

すかさず佐々木彩夏が「まゆみっくす(藤田真由美さん。飯塚の伴侶)連れてきていいよ」と誘うと、飯塚も「がんばってください、皆さん!」と手のひら返し。愛妻家っぷりを発揮した。

ももクロと飯塚夫妻の奇妙なハワイ(or熱海)旅行は実現するのか!?

◆「協調性、全然ねぇじゃねぇか!」

飯塚が「最初のゲームは『4人連続High&Low』でございます」と言うと、メンバー一同「えー!」とリアクション。

しかし「もう(何するか)わかるの?」と聞かれると、高城れには「わかんない!」と即答。

高城も明らかにルールを理解しているリアクションをしたため、「何? 怖いんだけど…」と飯塚がツッコむ。高城は「(みんなに)合わせちゃったんだけど」とひとり爆笑し、玉井が「協調性があるんですよ」とフォローした。

しかし、次のゲーム「卓球リフティング」では、飯塚の説明中に高城は勝手に練習を始め、10回以上やってしまう。飯塚も思わず「協調性、全然ねぇじゃねぇか!」と激しくツッコんだ。

気を取り直して「4人連続High&Low」のルール説明。トランプを順にめくり、ひとつ前のカードの数字より、HighかLowかを宣言する。制限時間1分以内に4人連続で成功すれば5Pゲットというものだ。

肝心のゲームは、アンカーの高城が「6」に対してまさかの「Low」を宣言するも、見事「3」を引いてあっさり奇跡的なクリア。「(カードが)読めるんですぅ」と、またも調子に乗る高城であった。

◆運動があまり得意でないあーりん、奇跡を起こす!

次のゲームは「卓球リフティング」。制限時間1分以内に、卓球のラケットとピンポン球を使って、リフティングをひとり10回成功させれば5Pゲット。

ルール説明中、うなだれる佐々木。ダンスはうまいが他の運動があまり得意ではない佐々木にとって、スポーツ系のチャレンジは苦手分野なのだ。

本気でパーフェクトを狙う百田夏菜子は「4人成功したらいいんだから、あー(佐々木)から行ったら?」と提案。プレッシャーのかかるアンカーよりも、1分まるごとあるトップバッターのほうが成功の確率は高いと百田は読んだのだろう。

佐々木が試しにリフティングをしてみせると、そのぎこちなさに、スタジオ中に苦笑と不安が広がった。本番でもやはり苦戦する佐々木。ところが、声援を受けて少しずつ回数を伸ばしていく。

百田もリーダーらしく頼もしいコーチング。奥さんと一緒にハワイに行きたい飯塚は、佐々木が見失ったピンポン球を拾い出し全力サポート。すると、佐々木はなんと4度目のチャレンジで見事成功!

ここで残り時間は20秒。ノーミスで3人がつなぐしかない状況だったが、なんと残り1秒でクリア! ももクロと飯塚の一致団結に、思わず感動する名シーンとなった。

◆百田夏菜子、恐怖の天然ボケが炸裂

次のゲームは「4人連続漢字変換クイズ」。制限時間2分以内にひらがなを漢字に変換していくゲームだ。4人連続でクリアすると5P獲得となる。

勉強系のチャレンジがとにかく苦手な百田は“漢字の神様”を降ろすと言うが果たして…。

百田以外の3人は正解するが、やはり百田は不正解が続く。頭上で手を振り“漢字の神様”を呼び込む百田だったが「こわもて」(強面)を「怖美男」、「さんま」(秋刀魚)を「三真」など、珍回答を連発し、チャレンジは失敗。

しかし、泣きのもう一回戦が行われることに!

玉井に「(漢字博士に)呼びかけておいたほうがいいんじゃない?」と言われ「どう〜!?」と天に向かって叫び、「まもまもまも」と謎の発言をする百田。

これをすかさず飯塚は「まもなく?」と見事に変換。百田のボケをすかさず理解する飯塚もすごい。

ところが案の定“漢字の神様”は降りず、再チャレンジも失敗。ここで、ラストの出題であった「どひょう」(土俵)が書ければクリアという大甘な特別ルールが発動。

最後には、正解が書かれた玉井のフリップを一瞬チラ見せという大サービス。さすがにわかったという表情で百田が出したフリップには、なんと「米俵」という文字が…!

これにはスタジオ中が戦慄。高城の「米俵」というヒントに引っ張られ、問題を忘れてフリップにヒント自体を書いてしまうという、大ボケをかましたのだ。

これにてパーフェクトの「ハワイ旅行」は消えてしまったが、次の目標「熱海旅行」を目指して、次回も「THE HARAHARA FOUR」は続く!