11月5日(金)放送の『ザワつく!金曜日』では、長嶋一茂がそばの産地、信州・長野を訪問。

高嶋ちさ子へのお詫びを兼ね、そば作りに挑戦する。

10月10日、大阪城ホールで行われた『ザワつく!金曜日コンサート』。楽器初心者の一茂ほか、石原良純、サバンナ高橋も演奏し、なんとか無事に終わったと思いきや…。じつは一茂が1回演奏をミスしていた。

2か月ほど練習を休み練習不足が否めない一茂が、ちさ子にお詫びを兼ねておいしいそばを振る舞うことに。

信州・長野でそばの達人にそば作りを習うが、はたして出来は?

さらに、11月19日(金)に番組での生中継もある日本武道館での東京公演に向けて、ザワつくメンバーがミーティングを重ねる。

また、気になる女性が3人いるという一茂。どんな出会いだったのか、赤裸々に告白!

一方で別荘を購入したばかりの高橋は、ザワつくトリオにも来てほしいとリクエストする。それには理由があるそうで…。

そして、奈良県のある路線バスが「危険すぎる!」とSNSをザワつかせている。

そのバスは奈良県十津川村から走り出す。のどかで穏やかな風景が広がるが、やがて道幅が狭すぎていつ落ちてもおかしくない道に突入!

正式名称は国道425号だが、その危険極まりない道を人は“ひどい道”と書いて「酷道(こくどう)」と呼ぶとか。

ザワつくトリオの背筋も凍った、最大の難所である終点でのバスの様子とは?

スタジオでは一茂・良純・ちさ子が経験した“恐怖のドライブ”や“恐怖のフライト”について語る。