待望の第7シリーズを放送している米倉涼子主演のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』。

新シリーズでは、今もっとも勢いのある歌い手・Adoが主題歌『阿修羅ちゃん』を担当。パワフルな歌声で『ドクターX』を盛り上げている。

ゴールデンタイムのドラマ主題歌を担当するのは今回が初となるAdo。そんな彼女が、自らもまるで予想していなかった“自身初”を早くも更新することに。

なんと11月11日(木)放送の第5話で、まさかの声でドラマ初出演をはたす!

「まさか、さりげなく自分が地上波のドラマに出演する日が来るなんて…恐れ多いです…」と殊勝なコメントを寄せたAdo。

歌声一本で勝負してきたAdoだが、第5話ではどんなシーンに、どんな形で出演するのか?

◆収録では大緊張!自らセリフを何度も練習

収録でAdoは大緊張…。しかし、さすがは歌い手!

セリフのイントネーションやブレスの入れ方などを細かく確認。何度も自主練習を繰り返すなど、全力を注いだ。

無事に収録を終えたAdoは「イントネーションや言い回しがすごく難しくて、苦戦したところもありましたが、とても貴重な経験でした。本当にありがとうございました」とコメント。

歌声とはまた一味違う魅力を放つ貴重な声でのドラマ初出演、注目だ!

◆Ado コメント(全文)

まさかさりげなく自分が地上波のドラマに出演する日が来るなんて…恐れ多いです…ただ、音声なのでなんだか不思議な気持ちです…。

たった一言でも、イントネーションや言い回しがすごく難しくて、苦戦したところもありましたが、とても貴重な経験でした。

本当にありがとうございました。