東山紀之演じる主人公・天樹悠ら“最強のスペシャリスト7人”が再結集し、東京臨海エリアでうごめく“最強の敵”に立ち向かっていく『刑事7人』の第3シリーズ。

©テレビ朝日

毎週、ハードで骨太な刑事ドラマを展開しているが、それと同時に番組公式サイトでは、1コマ漫画『サラリーマン山崎シゲル』でおなじみの漫画家・田中光によるオリジナル・ギャグ漫画を連載中。

読んだそばから「おいおい、そう来るかぁ…くっだらねぇ〜!」とほくそ笑んでしまうような独自発想で、ドラマ本編を面白おかしくアレンジし、視聴者を摩訶不思議なパラレルワールドへいざなっている。

©テレビ朝日

その田中光がついに、『刑事7人』のドラマ本編にも進出! 8月2日(水)放送の第4話に“似顔絵捜査官役”でゲスト出演し、東山紀之、?嶋政宏、倉科カナら豪華キャストと夢の共演を果たす。

撮影後には「ちゃんとできたのか、不安しかないです」と、控えめな感想を漏らした田中。はたして、その演技の出来栄えやいかに…!? 田中演じる似顔絵捜査官が天樹らの捜査にどう貢献するのかも併せて、注目だ。

また、8月2日(水)に配信される『刑事7人』オリジナル漫画の最新作では、田中がゲスト出演にまつわる“腰砕けマル秘エピソード”を描写。こちらも見逃せない!

 

◆田中光コメント全文

©テレビ朝日

田中は第4話への出演や、本作についてこのように語っている。

――第4話にゲスト出演された今のお気持ちを教えてください。

「ちゃんとできたのか、不安しかないです」

――今話題になっている『刑事7人』のオリジナル漫画ですが、描かれる際のコツや秘策は?

「秘策とかではないですが、求められているものと、自分が面白がってるものと間の“いいライン”を探しながら描いています」

――田中さんが感じられる『刑事7人』の魅力を教えてください。

「レギュラーメンバーを全員好きになっちゃうドラマって時々あるんですけど、このドラマはそれでした」

――『刑事7人』でやってみてほしいことなど、何かリクエストはありますか?

「『刑事7人 イン ニューヨーク』をやってほしいです」