勘違いから始まった高校生たちの一生懸命でちょっぴりおバカな恋と青春を描く人気ラブコメ『消えた初恋』。

青木(道枝駿佑)と井田(目黒蓮)のピュアな恋、そして2人を見守る橋下さん(福本莉子)とあっくん(鈴木仁)の友情と、毎回キュンが止まらないシーンが連続し反響を呼んでいる本作だが、本日11月27日(土)放送の第8話ではついに青木と井田の関係が次なるステップへ!?

ようやく付き合いはじめ、井田と一緒にいるだけで毎日ウキウキハッピーな青木。しかし、ある人物の「どこまで進んでるの?」という言葉をきっかけに、あらためて2人の関係を見直すことに。

ドキドキして考え込んでしまう青木だが、ついに行動に移す! 青木が勇気を振り絞ったそのとき、井田の反応は?

◆白洲迅がゲスト出演!

第8話では、青木が進学するためには急ピッチで数学をレベルアップしなければ相当ヤバイという事実が発覚!

そこで、青木を個人指導することになる教育実習の岡野先生が登場する。

しかもこの岡野先生、知らずしらずのうちに青木と井田の恋をかき回すことになるという重要人物!

そんな岡野先生を、白洲迅が演じる。はたして、白洲演じる岡野先生は2人の関係を進展させる恋のキューピッドになるのか?

◆第8話 あらすじ

ライバル出現のピンチを乗り越え、また少し絆が深まった青木(道枝駿佑)と井田(目黒蓮)。

ようやく平穏な日常が戻ってきた…と思いきや、担任の谷口先生(田辺誠一)との面談で、青木が進学を希望するなら、急ピッチで数学をレベルアップしなければ相当ヤバイという衝撃の事実が発覚する。

数学が苦手すぎる青木を見かねたあっくん(鈴木仁)から、文系への転向という方法もあるとアドバイスされるが、知り合いのいない文系に移ることに気が進まずウジウジ…。

しかし、そのやり取りを聞いていた井田の「青木、いなくなるのか? 寂しくなるな…」というひと言で覚醒! ガゼンやる気になった青木は、谷口先生の紹介で、教育実習に来ることになった岡野先生(白洲迅)から、集中的に個人指導してもらうことになる。

学生時代、岡野先生も数学の成績が最悪だったにも関わらず、途中から猛勉強して無事に進学できたと聞いた青木は、勉強も頑張るが…?

さらに、恋を一歩進展させる勇気を出した青木は、いざ行動に移そうとするのだが…?