11月30日(火)の『徹子の部屋』に、鈴木ヤスシが登場する。

昭和のロカビリーブームで『ジェニ・ジェニ』を歌って一世を風靡した鈴木。

歌手で司会ができて演技もする、いわゆるマルチタレントの走りといわれる鈴木は、高校時代に渥美清さんの楽屋を訪れ“押しかけ付き人”に。

それまで一匹狼で弟子やマネージャーがいなかった渥美さんとの不思議な師弟関係を語る。

また、1963年に来日したフランスの人気俳優アラン・ドロンと意気投合。

滞在中ほぼ毎日一緒にいたというドロンとの関係は、当時の芸能界であっという間に広まった。

美空ひばりさんは鈴木を見かけるたびに「ヤスシ!ドロンの話をしてよ!」とおねだりしたという。

そんな鈴木の家宝は、ベネチア国際映画祭の受賞トロフィー。

名匠・溝口健二監督の名作に与えられたはずのトロフィーが、鈴木の自宅にある理由とは?