12月22日(水)の『徹子の部屋』に、三田佳子が登場する。

10月の誕生日で80歳になった三田。

NHKでドラマ演出をしていた夫は女優の仕事にも理解があり、撮影の日は朝ごはんを用意し起こしてくれるという。

健康の秘訣は食事。体力を使うロケ先では海鮮丼や肉を堪能し、名物のラーメンもペロリと平らげるそう。

60歳のときに一念発起し家事を始め、料理もするようになった。最近は冷蔵庫にあるものでメニューを決めることができるようになってきたとか。

そんな三田が「ここぞ」というときに食べる勝負メシがウナギ。パックで売っているものを常備し、朝から食べて仕事に出ることもあるという。

3人いる孫たちに自分の職業を話していなかった三田。

上の子たちが映画を理解できる年齢になり、そろそろ女優と伝えようと出演した映画を観に行くことに。

終盤で三田が登場すると2人の孫はびっくりした様子だったが、「ばぁば演技が上手だね」と言ってもらえたのが嬉しかったと明かす。