これまで数々の帯番組で司会を務め、お茶の間の幅広い層に人気のある中山秀征。そんな彼が8月8日(火)にテレビ朝日で放送される『徹子の部屋』に登場する。

©テレビ朝日

今年、50歳を迎えたという中山は、この節目の年に今までやり残してきたことに再チャレンジしようと決意! そのひとつである「書道」を番組冒頭で披露する。

その達筆ぶりには黒柳も感心の様子。

また、中山は忙しい仕事のかたわら、4人の息子の育児に奔走するイクメンでもある。

今年4月に、ようやく長男が大学へ入り家を出たが、まだまだ下に3人の育ち盛りが控えている。野球をしている息子たちの膨大な洗濯物や、次々と消費されていく大量の食糧…男の子4人がいる家庭の大変さを楽しそうに語る。

©テレビ朝日

一方、中山はこの1年の間に、両親を相次いで亡くした。自身は15歳で親元を離れ、1人で頑張ってきたと思っていたが、あまりの喪失感に“親という存在の大きさ”を改めて知ったという。

さらにこの日の放送では、中山の妻で元宝塚のトップ娘役だった白城あやかさんがVTRで初登場。突然の登場に驚きを隠せない中山に、妻が語った“意外な告白”とは…?