マツコ・デラックスと有吉弘行が、視聴者から寄せられた「二人のお耳に入れておきたいこと」に対して好き勝手にトークをしていく番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』(毎週水曜日よる11時15分〜)。

同番組では、ある業界においては大きな話題となっているニュースを紹介するコーナー「業界幸せニュース」が毎回放送後にネット上で大反響を巻き起こしているが、8月9日(水)に放送される同コーナーでは、「ヨット」の世界大会で起きている驚きの変化が紹介される。

※無断転載禁止

◆ヨットが突然、空を飛んだ!「宇宙船のよう」

寄せられたニュースのタイトルは、「ついにヨットが空を飛ぶ時代に突入しました」というもの。このニュースを紹介した月刊『Kazi』の副編集長は、「ヨットの世界大会で、160年の歴史を覆す事件が起こっています。まるで宇宙船のような…」と語る。

ヨットと聞けば、誰もが頭に描くのは海に浮かんでいる姿。そんなヨットが、「空を飛ぶ」「宇宙船のような」とは、一体どういうことなのか?

事が起きたのは、2013年のヨットの世界大会(アメリカズカップ)。同大会でニュージーランドのチームが登場させたヨットが、すべての始まりだ。

ニュージーランドは、ある方法を使って、なんとエンジンなどの動力は使わず“人力”でヨットを「飛ばせる」ことに成功したのである。これによって海面との抵抗がなくなり、ヨットの時速は倍以上に…! ニュージーランドは圧倒的なチカラを持つことになるが…?

番組では、その後アメリカチームが実行した“まさか”の対抗手段や、今年2017年の世界大会で見られた“空飛ぶヨット”のさらなる進化が紹介される。

VTRを見たマツコと有吉も「ヨット?あれ」とモヤモヤしながらも、「すごい!」を連発した“ヨットの進化”の全貌とは?