主人公の元動物行動学の准教授で結婚相談所所長・藍野真伍(あいの・しんご)という超個性的な役柄を、ミュージカル界のトップスターで今作が待望のドラマ初主演となる山崎育三郎が演じる『あいの結婚相談所』。

歯に衣着せぬ物言いで、結婚相談所に訪れる依頼者らの触れてほしくない部分にまで鋭く切り込む藍野の“毒舌ヒーロー”ぶりや、ミュージカルシーンなどが話題となっている同作の第3話に、副音声企画が登場する。

©テレビ朝日

◆「みんなでワイワイ言いながら見るとより楽しめる作品」

8月11日(金・祝)に放送される同作の第3話では、副音声で藍野所長役の山崎育三郎とシスター・エリザベス役の高梨臨のトークをお届け。放送に先立ち、山崎と高梨はそろって『あいの結婚相談所』第3話を見ながらツッコミを入れたり、撮影にまつわるエピソードなどを披露した。

山崎はドラマを見て「ツッコミどころ、みどころが満載ですね」と実感。高梨は自ら演じるシスター・エリザベスを見て「本当に騒がしい女だなと思いました(笑)」と視聴者目線での感想を語る。

そんな2人が共通して思ったのは、同作が「みんなでワイワイ言いながら見るとより楽しめる作品」だということ。一つ一つのシーンを見ながらのトークが思いのほか弾けたそうだ。

ドラマの出演者にとってシーンごとに撮影する作品が、編集されて完成版を見るのはとても新鮮なこと。高梨によると、特にこの作品は「現場でもアドリブなどその場で作っていることが多い」ので完成作品を見て「こうなったんだ」という驚きもあったという。

なかでも2人がそろって出演していないシーンなどは、まさに“初見”。初めて見るシーンに2人がどんな感想を口にするのか?気になるところだ。

山崎いわく「3話は1、2話とまったく雰囲気が違って、今までにない泣けるシーンもあって素敵でした。登場するカップルも1組。そこに集中して見られるという意味でも見やすかったですね」とのこと。

高梨も「3話はミステリーだけでなく、感動する部分もあります。藍野さんが心を動かす、というシーンも初めてなので、そこもみどころですね」とアピールしていた。

さらに、8月11日(金・祝)の第3話放送の直前には、山崎育三郎&高梨臨がLINE LIVEに生出演することも決定。『山崎育三郎&高梨臨が生出演!テレビ朝日「あいの結婚相談所」放送直前スペシャル』と題し、第3話の見どころやドラマ撮影の裏話などを紹介する。

◆山崎育三郎、高梨 臨 コメント(全文)

そんな山崎育三郎と高梨 臨から、コメントが届いた。

・山崎育三郎 コメント

この作品は一人で見るのもいいですけど、ワイワイとみんなでおしゃべりしながら見る方が楽しめるということを改めて思いました。ツッコミどころ、みどころが満載なので、つい口に出したくなるんです。自分の演技にも突っ込みたいところが沢山ありました(笑)。僕らの副音声を聞きながら、僕らと一緒に賑やかに楽しんでいただければと思います。

・高梨 臨 コメント 

副音声をやらせていただくことが初めてでしたが、いろいろな情報をお話しできました。見てくださる方々にもさらに楽しんで頂けると思います。山崎さんと会話をしながらシーンのことを思い出して、改めて見どころが満載だな、と感じました。一人で見ても楽しいドラマですが、みんなで観るとまた違った楽しみ方があると今回気づきました。