各界の“達人”たちをゲストに招き、その波乱万丈な人生やターニングポイントから得た人生訓・人生哲学を学んでいくトークバラエティ番組『人生で大事なことは○○から学んだ』(ABC・テレビ朝日系)。

©ABC

8月13日(日)に放送される同番組には、人生で大事なことは「人見知り」から学んだというトレンディエンジェルの斎藤司が登場する。

 

◆トレエン・斎藤、人見知り克服なるか?

「(洋服店などの)お店で店員さんに話しかけられない」、「相方が、収録スタジオの楽屋で(スタッフや共演者と)ワイワイやっているのを見たら、入れない」など、とにかく「根本が人見知り」と話す斎藤。

実は高校時代に極度の人見知りになり、高校時代の同級生の証言では「テレビで初めて声を聞いた」と言われるほどだという。

そんな斎藤に、雑誌取材と称したニセ企画で心理カウンセラーの鳥谷朝代さんが人見知りチェックを行うと、「これまで1万人以上の方を見てきましたが、かなり重度」と言うほど深刻な人見知りだった?!

斎藤は、鳥谷さんが主催する「人見知り克服セミナー」へと参加するのだが…。

果たして、斎藤が芸人としては致命的な人見知りから学んだこととは? そして、セミナーへの参加で人見知りは改善することができるのか?!

また、人気企画の「ポツンと一軒家」では、東京都西多摩郡の西部・檜原村の数馬という地域にポツンと建つ一軒家を訪ねる。

©ABC

緑豊かな檜原村の中でも特に山奥にある築200年の古民家にいたのは、東京・渋谷で生まれ育ったという60代の女性! 都会暮らしが板についたはずの女性が、なぜ檜原村で暮らしているのか…?

クマも出るという山奥の一軒家で暮らす1人の女性から、目からウロコの発見や気づきを学ぶ。