4月25日(月)の『徹子の部屋』に、大鶴義丹が登場する。

番組では、2021年6月に亡くなった女優の李麗仙さんを息子の大鶴とともに偲ぶ。

李さんは大鶴と二世帯住宅で暮らしていたが、2018年に脳梗塞で倒れ、2019年に介護付きの老人ホームへ入所。そして2021年春に肺炎を患い入院生活を余儀なくされた。

幸いなことに入院した病院が近所であったため、大鶴は頻繁にお見舞いに行けたという。

危篤の連絡をもらった際にも着の身着のまま病院へかけつけ、看取ることができたと明かす。

李さんはこれまで『徹子の部屋』に4回出演。

今回はその中から3回の貴重な映像を交えながら、大鶴に李さんとの思い出を尋ねる。

大鶴は“母の死”を通じて自分自身の死についても考えるようになったと話す。