5月1日(日)放送の『あざとくて何が悪いの?』に、芳根京子が初登場する。

現在放送中のオシドラサタデー『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』では、あざかわ男子・康介(山田涼介)と恋の始まりを感じさせるロボット女・和泉を演じている芳根。

素の芳根は、田中みな実も「ずっとニコニコしてますよね」とほっこりするほど笑顔あふれる感受性豊かな女性だ。

そんな芳根が思わずドキッとした!? 以前ドラマで共演したある人物のあざと言動を教えてくれることに。

芳根が「絶対、計算じゃないんですよ!」というキラーワードとは?

また番組では、水沢林太郎&西垣匠&中島颯太(FANTASTICS from EXILE TRIBE)が演じる親友男子3人が異なるタイプのあざと女子に翻弄されていく「君があざとくて何が悪いの?〜僕らの恋日記〜」の第5話もオンエア。

そして、新企画「男性が自慢のあざと部屋にご招待 あなたはこの部屋どう思いますか?」もスタートする。

このコーナーでは、世の男性が自身のこだわり&センスが詰まった自慢の部屋を案内し、数々のおもてなしを提供。この部屋はアリか、ナシか――スタジオメンバーがジャッジを下していく。

実はこのコーナー、部屋を通して人間性も見えてくる、さりげなく奥深い企画。スタジオメンバーも初回からぐいぐい食いついていくことに!

記念すべき第1回は、「モチベーションを高める部屋を作りたい」という家主のあざと部屋をジャッジ。こだわり抜いた趣味スペースや、独自のおもてなしが披露されるたび、スタジオメンバーも受ける印象がどんどん変わっていく。