5月3日(火)の『徹子の部屋』に、吉行和子が登場する。

舞台『アンネの日記』での主役デビューから65年の吉行。

現在86歳になるが、コロナ禍でもアクティブに暮らす毎日だという。

映画は1人でも観に行き、俳句の会にも参加。

新しい電化製品も買いに出かけるほか、パソコンやスマホも基本は使いこなせるそう。

唯一はじめたのが相撲観戦で、お気に入りは“イケメン力士”の若隆景。親友の冨士眞奈美と2人で盛り上がっているのだとか。

また、2021年に共演したばかりだったという亡き宝田明さんの思い出も語る。