6月22日(水)の『徹子の部屋』に、坂東彌十郎が初登場する。

大河ドラマで主人公の父を演じ、今注目を集めている彌十郎。

歌舞伎俳優として初舞台を踏んでから49年。身長が183センチと高く、若い頃は必要以上に目立ちすぎて演出から怒られるなど苦労の連続だったそう。

亡き十八代目中村勘三郎さん、十代目坂東三津五郎さんとは幼馴染で、よく3人で飲んでは冗談を交わしていた。

早くに亡くなってしまった2人への想い、そして勘三郎さんとの思い出を語る。

私生活では一男一女の父であり、最近は4歳の初孫との時間が一番の癒やし。公園で疲れ果てるほど一緒に遊ぶのだとか。

そんな孫の大好物は、彌十郎お得意のパスタ。最近作ったという「海苔のクリームパスタ」のレシピには黒柳徹子も興味津々だ。

話題の彌十郎の意外な素顔に迫る。