6月23日(木)の『徹子の部屋』に、瀬戸康史が登場する。

ドラマや舞台で活躍、現在放送中の大河ドラマにも出演している瀬戸。

出身は福岡市郊外ののどかな地域で、地元を走る電車は一両編成だったそう。

中学時代は将来の夢に向かって猛勉強し地元の進学校に進んだが、母が瀬戸に黙ってオーディションに応募。17歳で単身上京しデビューした。

上京した当時は友達を作ることもできず、鬱々とした日々を過ごしていたという瀬戸。

しかし、空港で自分を見送ったときの両親の涙を思い、「逃げてはいけない」と覚悟を決めたのだそう。

そんな瀬戸に、故郷の母から想いを綴ったサプライズの手紙が届く。

また、趣味は絵を描くことで、この日のために黒柳徹子をイメージしたイラストを制作。黒柳の反応は?