7月18日(月)放送の 『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』では、いま大注目のザ・マミィ(林田洋平、酒井貴士)を特集。

2人をよく知る東京03・飯塚悟志、岡野陽一、ゾフィー・上田航平、吉住ら豪華なウォッチマンたちが“証言”する。

ザ・マミィは、昨年の『キングオブコント2021』で準優勝、2022年度ネクストブレークランキングランキングで第1位になるなど、ノリに乗っている人気コント師だ。

事務所の養成所で出会った林田と酒井は、もうひとりのメンバーと“卯月”というトリオを結成。卯月は始動まもなくして『キングオブコント』準決勝に進出するなど期待の若手だったが、方向性の違いから解散へ。

解散する際に相談を受けたという東京03・飯塚は、当時の2人の様子を証言する。

その後、互いにコンビとして組みたい気持ちを抱きながらもなかなか言い出せなかった林田と酒井。

そんな2人のキューピットとなったのが、ゾフィー・上田だった。2人をくっつけた上田が明かす、ザ・マミィ結成秘話とは?

しかし、コンビとして歩みはじめた2人に思わぬ試練が…。そんなとき手を差し伸べてくれたのは同じ事務所に所属するピン芸人・吉住だったというが、再出発を果たしたばかりのザ・マミィにいったい何があったのか?

番組ではザ・マミィの大波乱の芸人人生をたどるとともに、珠玉のコントも2ネタ披露。

ザ・マミィの魅力がたっぷり掘り下げられる。