ももいろクローバーZのリアルな姿を配信するテレ朝動画のオリジナル番組『ももクロChan』。

配信中の最新エピソードは「ライブ会場の一角にカメラを置いたら◯◯が撮れました」スペシャルをお届け!

◆時々甘噛みベイビーなしおりん

人気企画「ライブ会場の一角にカメラを置いたら◯◯が撮れました」。今回『ももクロChan』がカメラを設置したのは、ももクロのライブ『MOMOIRO CLOVER Z 6th ALBUM TOUR “祝典”』の大阪公演と、東京・日本武道館公演の舞台裏だ。

2日間行われた大阪公演。1日目は『Chan』のカメラがステージや控室から遠かったようで、終演後の1回しか登場できず…!

しかし、ライブ終了後でも、ももクロは元気いっぱい。佐々木彩夏は、小顔効果を狙ってメンバーより奥に陣取ったり、百田夏菜子の編んだ髪をつかみ上げて「エビフライ!」と言い出したり、自由奔放だ。

そんな佐々木は今日のライブを振り返り、「玉さんがちょっと歌詞間違えてた」といたずらっぽく笑う。玉井詩織が新曲「ショービズ」の歌詞を間違えたことを言っているのだ。

高城れにも「甘噛みかわいかった」と笑うが、玉井の歌詞は「時々泣き気味 give me, baby」というもの。玉井は自ら「時々甘噛みベイビー」と自虐するが、その表情は悔しそう。

成長し続けるももクロの秘訣は、小さなミスも忘れずに反省するところにあるのかもしれない。

◆ライブ直前、モノノフに会ったれにちゃん

大阪公演2日目、高城は「私の貴重なメガネ姿でーす。かわいいですか?」とカメラに問いかける。

スタッフに「高城さん、今日もかわいいです!」と言ってもらえた高城。「ありがとうございまーす! 今日は一日褒めてくださーい、がんばります!」と、「かわいい」の言葉でエネルギーチャージしたようだ。

リハーサル後もひとりで現れた高城。以前、タイ旅行で仲よくなった女性から、大阪のカレー屋で働いていると聞き、店をのぞいてみたという。旅先の縁を大切にするところが高城らしい。

また、ライブ会場となったフェスティバルホールのビルに入っている本屋を訪問した高城は、そこにいたモノノフ(ももクロのファン)に会えたという。

「今日はね、本番前にモノノフさんに会えたので、がんばれそうです」という高城の笑顔はきらめいていた。

その後、玉井も合流したところに現れたのは、元たこやきレインボーの堀くるみだ。

本番直前なのに、話し込む3人。同じ事務所同士、仲よしな一面が垣間見られるシーンだった。

◆あーりんは「気が利く女」?

続いてカメラが設置されたのは、東京公演が行われる日本武道館の舞台裏だ。

開演直前。本番衣装に着替えた4人。百田は「今日の見どころは『満漢全席』」と語る。

中華のごちそうが次々と歌われるごきげんなこの曲。ライブではステージに回転テーブルが出てきて、4人が食卓を囲むかわいらしいパフォーマンスが展開される。

実はこのとき、メンバーそれぞれ役の設定があるのだという。玉井は「テーブルを回したくて仕方がない人」で、百田は「黙々と食べる人」。高城は「店員さん」だという。

そんななか佐々木は「ずっと気が利く女」をやっていると百田が指摘。ずっと中国茶を注ぐ素振りを見せているのだそう。「最近お茶を(ステージから)ファンの人にも配ってる」と笑う佐々木。そんな裏設定を想像しながら、ライブを観るのも楽しそうだ。

そんな「気が利く女」を演じる佐々木だが、いたずらっ子な面を見せることも。スタッフが描いたももクロの似顔絵にらくがきを加える佐々木。

高城はせっかく描いた似顔絵にらくがきをしていることに「怒ったほうがいいですよ? いつまでも甘やかさないでください!」と訴えるが、佐々木はらくがきをやめない。そんな佐々木は、まるでいたずら好きだけど憎めない少女のようだ。

◆夏菜子は“ラーメンマン”!?

ライブが終わると、モノノフである小松靖テレビ朝日アナウンサーが恒例の長尺感想を披露した。

その後やってきたももクロメンバー。この武道館公演から2日後に14周年を迎え、いよいよデビューから15年目に突入するという。記念すべき来年の15周年はどんなお祝いが待っているのだろうか。

武道館公演を終え、リラックスしている4人だが、百田が突然高城に変顔をしてみせる。高城は「なんの顔?」と笑うが、これはラーメンマンの顔マネだそう。今回のライブでは、ラーメンマンヘアをしている百田の顔マネはモノノフの間で話題になったとかならなかったとか!