9月26日(月)の『徹子の部屋』に、川中美幸が登場する。

“しあわせ演歌の女王”川中は、現在66歳。

近年はコロナの影響でコンサートの本数も減り、自宅で過ごす日々が増えた。

座っている時間が長かったせいか股関節が痛むようになり一念発起。車ではなく「自らの足で出歩こう」と久し振りに駅へ。

しかし、切符の買い方を聞きたいのに駅員さんの姿は改札に見当たらず、周りの様子を見て“Suicaというモノ”を人生初購入。

バスにも挑戦すると、いきなり若者から「どうぞ!」と席を譲られた。

45周年を迎えるということは、45年の歳を重ねることだと再確認した川中。あらためて自分を支えてくれた人々へ思いを強くしたそう。

なかでも一番は、5年前に92歳で逝った母親。

つねに応援してくれた母の遺骨とはいまだに離れがたく、納骨できず自宅に置いたままだと告白する。

そんななか、偶然知った趣味が今、川中の生活の糧になっているという。スタジオには川中手作りの「趣味の作品」が持ち込まれる。