世界各国の美しい港町や風景を伝える番組『港時間』。

5月19日(金)の放送では、伊勢志摩の英虞(あご)湾を紹介した。

この港は、あるセーラーの秘密基地。

「アメリカ東海岸の風景が頭に焼き付いて、憧れるわけです。別荘があって芝生があって桟橋が付いていて、そこにグランドバンクスが置いてある」

そう話すのは、17年前にこの別荘を構えたオーナーの長谷川一仁さん。築80年の母屋を自分で改築し、さらに150年前の古民家を移築、離れにした。

長谷川さん:「実は壊される運命だったんです。建築を目指す人や建築に興味のある人のために残したかった」

敷地内の小さなラグーンも桟橋もすべてお手製。マリーナにはグランドバンクスをはじめ、愛艇がズラリと並ぶ。

長谷川さん:「楽しむ暇がない。建物が傷んでいたりして、自由に出かけられないのが本音」

この別荘、まだ完成はしていない。「共感」を最大のポイントに、自身も友人もくつろげるよう進化を続けていく。

友と過ごすもよし、ひとり思いを巡らすもまたよし…。

なお、次回5月26日(金)放送の『港時間』は、三重県のさきしまマリーナを特集。石原裕次郎にあこがれてヨットをはじめたマリーナのオーナーを紹介する。