11月6日(月)の『徹子の部屋』に、神木隆之介が登場する。

30歳にして芸歴28年、近年も活躍ぶりが目覚ましい神木。

2歳のときにCMデビュー。芸能界入りのきっかけは、生後すぐに患った大病で死に直面したことだった。

その後回復するも、「生きていた証を残したい」との思いで母が芸能事務所に入れたという。

その後は途切れることなく役者の道を歩んできた。

順風満帆に見えた神木だったが、実は25歳のとき、芸能の道を歩き続けていくべきなのかと思い悩み心底苦しんだという。

そんな息子の様子にすぐさま気づいたのは母だった。心の内を洗いざらい吐き出すと、母は思いがけない言葉をかけてくれたと語る。

神木を救ったその言葉とは?