2000年のシリーズ誕生以来、濃密で骨太なミステリーの数々を世に送り出してきたドラマ『相棒』。

2023年10月から、再会2年目の“伝説のコンビ”杉下右京(水谷豊)×亀山薫(寺脇康文)が新たな挑戦に乗り出す『season22』が始動した。

そんな『相棒』シリーズは、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」「テレ朝動画」にて、過去全シーズンとスペシャルドラマに加え、劇場版、スピンオフも配信中だ。

テレ朝POSTでは新シーズンのスタートを記念し、『相棒』の個性豊かな登場人物たちにスポットを当て、オススメのエピソードとともに彼らの魅力を紹介していく。

今回は、“イタミン”の愛称でファンから親しまれている警視庁刑事部捜査一課の刑事・伊丹憲一(川原和久)を取り上げる。

◆「特命係の亀山〜!」でお馴染みの伊丹刑事!

強面で短気、荒々しい取り調べを行う一方、どこか憎めないところがある伊丹刑事。

プレシーズン第1話(2000年6月放送)から登場し続けているレギュラー陣のひとりで、同じ捜査一課の三浦信輔(大谷亮介)、芹沢慶二(山中崇史)との3人組である“トリオ・ザ・捜一”として活躍をスタートさせたキャラクターだ。

伊丹刑事といえば、印象的なのが「特命係の亀山〜!」というセリフ。

薫とは犬猿の仲で、お決まりのように憎まれ口を叩き合いながら、時には“ライバル”ならではの友情関係をうかがわせるやり取りも。

不器用で天邪鬼なところも、伊丹刑事というキャラクターの魅力となっている。

◆伊丹刑事の命が狙われる前代未聞の事件!

2010年2月に放送された『season8』第15話「狙われた刑事」では、そんな伊丹刑事の命が狙われる前代未聞の事件が発生。

ラーメン屋で麺をすすろうとした瞬間、隣の客が突然もがき苦しんで倒れてしまう。どうやら薬味のニンニクに毒が仕込まれていたようで、伊丹刑事は間一髪で難を逃れることになった。

自らの命が狙われた可能性を「バカバカしい」「冗談じゃありませんよ」と一蹴していた伊丹刑事だが、その後も飲みかけのペットボトルに毒が入れられ、機転を効かせた右京が調べるよう進言したことで最悪の事態を回避することに。

ターゲットが自分であることを自覚した伊丹刑事は、右京ら特命係に警護されながら事件の謎に迫っていく。

すると、10年前の殺人事件との関係が浮上。当時被疑者を強引に取り調べたことが事件の引き金になっているのではないかと踏んだ伊丹刑事らは、関係者のもとへ話を聞きに行き…。

強面の伊丹刑事が命を狙われ弱ったような表情を見せる「狙われた刑事」。

意外な一面と言えば、『season21』で14年ぶりに再登場した薫が“5代目相棒”として特命係に帰ってきた裏では、実は伊丹刑事が警察庁元次長の甲斐峯秋(石坂浩二)に土下座し、薫が警視庁に復帰できるよう懇願していた。

『season22』では、右京&薫の特命係とどんなコンビネーションを見せるのだろうか?