11月13日(月)の『徹子の部屋』に、濱田龍臣が登場する。

2歳から芸能事務所に入り、現在も俳優として大活躍の濱田。

大河ドラマ『龍馬伝』で福山雅治演じる坂本龍馬の子ども時代を9歳で演じて一躍人気子役になった。

子役から俳優への転換期は中学生の頃で、オーディションに落ち続け苦悩の日々もあったそう。

父のある言葉で火がつき、俳優の道に進むことを決意。

2017年には歴代最年少で『ウルトラマン』主演に抜擢され、幼少期の夢を叶えた。

両親と14歳下の弟と暮らしている濱田。

20歳のときには親孝行として、これまで支えてくれた両親のために車を購入したという。

子役時代から見守り続けた父からサプライズで手紙も届き、これからの夢についても聞く。