30代の男女4人の止められない愛を描く“単身赴任ラブサスペンス”ドラマ『単身花日』。

単身赴任先の鹿児島で再会し、蘇った初恋に狂わされ始めた桜木舜(重岡大毅)と武田花(新木優子)、そして舜に敵意むき出しのライバル・片山直哉(田中樹)、舜の浮気を疑う妻・ゆり子(高梨臨)の四角関係が怒とうの急展開を見せている本作。

第5話の放送終了後の11月12日(日)から、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で、ドラマ本編とリンクしている田中樹主演のスピンオフドラマ『単身花盛り 花の男――片山直哉』第2話の独占配信がスタートした。

『単身花日』第5話では、仲のよかった花に彼氏を奪われて以降、疎遠になっているというスナック「花日」のママ・清水めぐみ(長井短)の誕生日を祝いに来た片山が、舜の何気ない言葉に激昂。

薔薇の花束で殴りかかるという騒動が巻き起こった。

さらに、久々に花と再会しためぐみが、長年の恨みをぶつけて…という波乱の展開だったが、スピンオフドラマ『単身花盛り』第2話では、片山が大暴れしたスナック「花日」で起きた騒動の“その後”が描かれる。

◆片山&めぐみが制服デート!

出禁になったはずのスナック「花日」に戻り、あらためてめぐみの誕生日をお祝いする片山。

2人は酒を酌み交わしながら、中学時代の思い出話に花を咲かせる。

そして文化祭の後のフォークダンスの話になると、17年越しのフォークダンスの続きをはじめ、学生時代の制服で夜明けの街に繰り出す。

2人で大はしゃぎするうちに、すっかりアルコールが回ってきためぐみは、片山と花、謎めいたふたりの関係に踏み込んでいく。

めぐみを口説くかのように迫る片山の本音、そして、めぐみがうっすらと気づきはじめてしまった片山と花の関係とは?

『単身花盛り』第2話で描かれる、物語の核心を突くエピソードに注目だ。