千鳥がMCを務めるバラエティ『チャンスの時間』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

11月12日(日)放送の同番組で、スタジオゲストの元テレビ東京アナウンサー・森香澄が“底辺”すぎるピン芸人の言動に怒りをあらわにする場面があった。

©AbemaTV,Inc.

今回は、芸能界の“てっぺん”ならぬ“底辺”を決める企画「芸能界最弱王決定戦 TEIHEN 2023秋」を約1年ぶりに実施。

野田ちゃんとアイドリング!!!の元メンバーでタレントの河村唯の前回メンバーに加え、大仰天の木場事変が新たな挑戦者として参戦した。

©AbemaTV,Inc.

VTRを見て大悟がより“底辺”なのは誰かをジャッジする買い物ロケでは、オープニングトーク、商品紹介、値段当てゲーム、デカ盛りチャレンジの定番ロケ企画に挑戦。

それぞれが撮れ高を作ろうと奮闘するが、お互いに助け合うことは一切せずにすべてが空回り状態の地獄のロケに。

なかでも、値段当てゲームの罰ゲームとして、「店員さんの頬にキス」と提案し、自ら罰ゲームを遂行することになった野田ちゃんの“底辺”すぎる言動に一同はドン引き。

にっちもさっちも行かない状況のなか、店員がツッコミを入れてなんとか場がおさまるという事態に、千鳥や森は「店員さんが一番上手い」とツッコんだ。

©AbemaTV,Inc.

さらに、その後スタジオで野田ちゃんがした言い訳に、ノブは「人間として最低やな」と呆れた一方、森は「最低」「ほんと最低すぎる」と怒りをあらわに。

お構いなしに失礼な言い訳を続ける野田ちゃんに、森は「もういい」「黙れよ」と一喝し、ノブは「もう怒ってるやん」「タレントの言い方じゃなくなってるやん」と、大悟は「腹が立つねんな」と同調していた。

©AbemaTV,Inc.