かまいたち(山内健司、濱家隆一)が“ガチ”でいろいろなことに挑戦していく『かまいガチ』。

11月15日(水)の1時間スペシャルでは、人気企画「ガチリレークッキング」が放送された。

各チームがレシピを一切見ず、リレー形式で課題料理を完成させその味を競い合うこの企画。チーム内での料理の打ち合わせは一切なしで食材や調理工程のみをヒントに、前の人が何を作ろうとしたのかを推理して調理を続けなければならない。

濱家率いる“最強料理芸人軍団”には、元料理人の水田信二(和牛)、こがけんが参戦。和洋中の“超一流シェフチーム”と対決する。

前回の「ガチリレークッキング」では、奇跡の大番狂わせで芸人チームが勝利。リベンジに燃えるシェフチームだが…。

今回のお題は「肉を使った麺料理とそれに合う一品」。

トップバッターの濱家は食材選びに苦戦し、最初になぜか“ゆで卵”を作り始め…。二番手のこがけんは「これが一番わからない」と困惑する。

続いては、和食と洋食の修行経験をもつ水田が登場。手際よくトマトを切り、しじみを茹でて…と順調に調理を進めていく。

濱家も水田から受け取ったバトンをつないでいくものの、「ヤバいかも」と思わずこぼし…。

一向に料理の方向性が見えてこない芸人チームに、ゲストの堀夏喜(FANTASTICS)は「まだ麺に取り掛かっていない。茹でるだけでも結構時間がかかるので、間に合うのか…」と心配する。

その後も暗雲が立ち込める芸人チームだったが、エース・水田がなんとか麺料理を仕上げ、さらには副菜にも取り掛かる。

ここで一気に逆転できるかと思いきや、水田が副菜用に卵、トマトを炒め、しじみの茹で汁を加えたところでタイムアップ。水田が何の料理を作ろうとしているかまったくわからない濱家は、「何それ?」と大パニックに!

こがけんが「奇跡がおこってほしい」と願うなか、濱家は必死で最後の仕上げをしていく。

そして行き場を失っていたゆで卵は、麺料理にトッピングしようとしたが、大急ぎで殻を剥いたため黄身だけになってしまうハプニング発生!

「それ何してんねん!」と水田のツッコミが炸裂し、山内も「見たことない料理」と驚愕。まさかの展開にスタジオは騒然とする。

こうして出来上がったのは、酸辣担々麺と水田の妻が大好きだというトマトの炒め物。

練りごまではなくお酢で仕上げた担々麺と、しじみの出汁がポイントの炒め物。バツグンのチームワークで完成に導いたアイデア満載の2品に、山内は「なんでうまいの?」と目を丸くした。